お金を好きになる

唐突な質問ですが、あなたはお金のことが好きですか。もちろん嫌いと答える人は少数派であると考えられますが、「自分はお金が好き」などと口に出して言うのは恥ずかしいことであるという風潮もありますので、もしかするとつい自分の気持ちに反して「好きではない」という態度を見せてしまう人も多いことでしょう。

 

日本の教育のせいなのか、つい「お金=悪」と捉えてしまう傾向にあるので、あまりお金が好きと言い難いというのも理由の一つかもしれません。特にお金持ちの人を見ると、何か悪いことをして稼いでいるのではないだろうか?と捉えてしまうのもその傾向です。確かに法律の隙を突いたり法律に触れるほどではないにしろ人道的に悪いことをしてお金持ちになった人はゼロではありません。しかしお金持ちであるということは、それ相応の税金の国に納めているということをつい忘れてしまいます。

 

私たちが何気なく使っている道路も、日常的に使っている公共施設も全て税金で成り立っているものです。お金持ちの人は私たち庶民よりも高い税金を払って、目に見えない間接的なところで私たちの生活を支えているのです。しかし、ついついお金について話をすることは卑しいことだというイメージがあるので、冒頭の質問に「お金が好き!」と答える人が少ないのです。

 

しかしお金に好かれる人、つまりお金持ちになれる人というものはそのような態度は決して見せません。最近多くの人に広まってきて知られるようになった「引き寄せの法則」にはちょっとしたコツがあり、お金が欲しいとただ漠然と願うよりも、大金を手にした自分が具体的に何をしているのかという姿を思い浮かべ、そのイメージを強く持ち続けるということがとても効果的なのです。

 

それを繰り返し何度も何度も行うことによって、イメージだったものがより現実のものへと近づいてくると言われています。実際にその効果を体験した人は多く、大金を得た人が口を揃えて「お金が好きだと思うようになった」という言うことからもその効果の強さが分かります。

 

人間に当てはめるとわかりますが、自分のことを嫌っていたり苦手だと思っている人は、絶対に近寄ってきてはくれません。それはお金も同じです。好きだ、好きだと思い続け、しっかりと金運を引き寄せましょう。